関西学院同窓会 富士山支部規約

第1条 名称

本会は、「関西学院同窓会 富士山支部」と称する。

第2条 目的
本会は会員相互の親睦を計り、マスタリーフォーサービスの精神に則り運営し、
もって関西学院の発展に寄与することを目的とする。

第3条 事業
本会は前条の目的を達成する為に、次ぎの各号に掲げる事業を行うものとする。
(1)会員名簿の発行
(2)親睦会、交流会、研修会等の開催
(3)関西学院同窓会〈以下「本部」という。)の事業への参加及び協力

第4条 会員
本会は静岡県東部地区に住所または職場を有する者で、
次ぎの各号の何れかに該当する者を会員とする。
(1)関西学院各部を卒業した者
(2)関西学院各部に在学した者、または関西学院の現教職者もしくは旧職員で
  役員会において承認した者
(3)支部は前号に定める者の他、役員会の承認を得た者を会員とできる。

第5条 役員
本会は次ぎの役員を置く。
(1)支部長       1名
(2)副支部長      2名
(3)会計         1名
(4)事務局長      1名
(5)幹事        複数名
(6)監査         1名

第6条 役員の選出

(1)支部長は役員会の承認を得たうえで総会に諮って決定する。
(2)副支部長、会計、事務局長、幹事長は支部長が指名し、役員会の承認を得て決定する。
(3)幹事団は会員の互選とする。
(4)監査は役員会で選出する。

第7条 役員の任務
(1)支部長は支部を代表し、会務を統括する。
(2)副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故あるときはその職務を代行する。
(3)会計は、支部の会計にあたる。
(4)事務局長は、支部長の指示に基づき会務を処理し、事務局を掌握する。
(5)幹事長は、幹事団を統括する。
(6)幹事団は、支部の事業の企画立案及び執行にあたる。
(7)監査は、支部の会計を監査する。

第8条 役員の任期
(1)役員の任期は3年とする。但し、補欠による役員の任期は前任者の残任期間 とする。
(2)役員の再任は妨げない。

第9条 顧問
(1)支部の必要に応じて顧問を若干名置く事ができる。
(2)顧問は、支部長が役員会の承認を得て委嘱する。

第10条 本部評議員
本部の評議委員は役員会で選出する。

第11条 機関の設置
支部の運営を円滑に行う為、総会及び役員会を設ける。

第12条 総会

(1)総会は支部長が招集し、その議長となる。
(2)総会の議事は出席者の過半数で決定する。
(3)総会は、会計年度終了後、3ヶ月以内に開催することを原則とする。

第13条 役員会
(1)役員会は、支部長、副支部長、会計、事務局長、幹事長及び幹事団、監査
 により構成する。
(2)役員会は、支部長が必要に応じてこれを招集し、その議長となる。
(3)役員会は、支部の運営方針について審議する。


第14条 会計
(1)支部の経費は、会費、寄付金その他の収入をもって充てる。
(2)会費については、2,000円とする。

第15条 会計年度
支部の会計年度は、6月1日に始まり、翌年5月31日に終わるものとする。

第16条 事務局
支部の事務局は、支部長の指定する場所に置く。


第17条 補足
この規約に定めるものの他、支部の運営に関し必要な事項は、支部長が
定める。

付則