関西学院同窓会 浜松支部規約

第1条(名 称)
    当会は、関西学院同窓会浜松支部と称する。


第2条(目 的)
    会員相互の研鑽と親睦を図り、母校関西学院の発展に寄与する。


第3条(事 業)
    前条の目的を達成するため、次なる事業を行う。
1. 親睦会、交流会、研究会等の開催
2. 関西学院同窓会事業への参加及び協力
3. その他当地出身在学生への後援等


第4条(会 員)
    静岡県大井川以西の県西部地区に居住または職場を有する者で、
    次の何れかに該当する者。
1. 関西学院各部を卒業した者
2. 関西学院各部現・旧教職員にして、本部評議員会で承認の者
3. その他役員会で承認された者


第5条(役 員)
    当会は、次の役員を置く。
    1.支部長       1名
    2.副支部長     若干名
    3.会計幹事      1名
    4.事務局長      1名
    5.監査幹事      1名
    6.幹事       若干名


第6条(役員の選出)
    支部長は、役員会の承認を得て、総会で決定する。
    副支部長、会計幹事、事務局長は支部長が指名することとし、
    役員会の承認を得て、総会で決定する。
    監査幹事は、役員会で選出する。
幹事は、会員の互選とする。
    役員に欠員が生じたときは、支部長が指名し、役員会の承認を得て決定する。





第7条(役員の任務)
    支部長は、支部を代表し会務を統括する。
    副支部長は、支部長を補佐しその職務を代行する。
    会計幹事は、支部の会計を経理する。
    事務局長は、支部長の指示にもとづき会務を処理する。
    監査幹事は、支部の会計を監査する。
    幹事は、事業の企画及び立案を執行する。


第8条(役員の任期)
    任期は2年とする。ただし、補欠役員は前任者の残任期間とする。
    役員の再任は妨げない。


第9条(顧 問)
    必要に応じて若干名を置くことが出来、支部長が役員会の承認を得て委嘱する。


第10条(本部評議員)
    本部より依頼の評議員は、支部役員会で選出する。


第11条(機関の設置)
    支部の運営を円滑に行うため、役員会を設ける。


第12条(総 会)
    総会は、年1回を定例として支部長が招集し、その議長を指名する。
    議事は、出席者の過半数を以て決定する。
    必要に応じ、臨時総会を開催することが出来る。


第13条(役員会)
    役員会は、全役員を以て構成し、必要に応じて支部長が招集する。
    役員会に於いては、支部の運営方針等に就いて審議する。


第14条(会 計)
    運営資金は、会費や寄付金、その他の収入を以て充てることとし、
    会員は、年3千円の会費を拠出する。
    会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日迄とする。


第15条(事務局)
    支部事務局は、支部長の指定する場所に置く。